もの凄いダイエット方法はどれなのか?口コミと効果から検証!

ダイエットのやる気を起こそう

何度もダイエットを試してみては失敗する人がいますが、それだけではなく何をやっても痩せないような人までいます。
この痩せない人の原因は、「もの凄いダイエット」方法に出会ってはいないかではないでしょうか?
尚、人によって「もの凄いダイエット方法」と言うのは変わってくるのが当たり前です。
世の中の人の全員が同じダイエット方法で痩せたわけではないからです。

 

 

食事量が多くてもスタイルが良い人もいます。
運動をしなくても、綺麗でいつもハツラツとしている方もいます。
何故、そういう人がいるかと言えば、自分の中で何らかの形で「もの凄いダイエット方法」がONになっているからです。

 

自分の中で「もの凄いダイエット方法」が作動すれば体重はみるみると落ちていきます。
「もの凄いダイエット方法」が作動している限り、太りにくくなりリバウンドもありません。

 

当サイトでは、様々な痩せる方法の口コミと効果を紹介します。
あなたにとっての「もの凄いダイエット方法」を見つけてくれれば嬉しく思います。

 

ここはトップページと言う事でダイエットに関するヒントを出しておきたいと思います。

 

 

 

腸からダイエットを考えてみる

 

腸と言うのはダイエットに関して非常に大事な項目です。
何故なら、腸と言うのは栄養を吸収して排出する役割があるからです。
食べた物をどのように吸収して、どのように排出するかで変わってきます。

 

腸を良くすると言っても、「良い腸」がどのような物か分からない方も多いのではないでしょうか?
「良い腸」と言うのは、腸が綺麗な状態を保っているという事です。

 

つまり、食べのカスや老廃物や便が溜まっていないため体は軽くなります。
残留物がないと腸は軽くなり温かくなり、活発に動くようになり基礎代謝が高まり痩せやすい体質になります。

 

腸は脳の指令を受けずに受けなくても動ける部位になっていて別名として「セカンドブレイン(2番目の脳)」とも呼ばれているのです。
腸と言うのは、内臓の中でも役割や質量が大きくエネルギー消費を考えると、超重要な部位になります。

 

 

小腸と大腸

 

腸と言うのは、口から物を入れて肛門から排出するのですが、その大部分を腸が占めています。

 

腸には大腸と小腸の2種類があり小腸は体に必要なエネルギーを取り込む役割があり、大腸には不要な老廃物などを体の外に排出する役割があります。

 

小腸は代謝にとって重要な役割がありますし、大腸は不要物を排出するという事でダイエットには極めて重要な部位になるのです。

 

 

 

ふくらはぎがダイエットでは意外と重要

 

ダイエットする上でふくらはぎは軽視されがちですが、実は非常に重要な役割があるのです。

 

ダイエットを頑張っているのに、結果が出ない方でふくらはぎに問題があった方もいる位なんです。

 

実際に、ふくらはぎの状態が良くないと冷え性や婦人系の様々な病気が引き起こされたりもします。

 

ふくらはぎの事を「第2の心臓」という言葉で聞いた事がないでしょうか?

 

ふくらはぎの筋肉でポンプ機能の役割をしているのです。

 

ポンプと言うと心臓を思い浮かべるかも知れませんね。

 

心臓と言うのは、血液循環の力で動脈を血液に送り出して新鮮な酸素や栄養をを体に送り込む役割があります。

 

同時に二酸化炭素や老廃物を静脈から回収する役割があるのです。

 

しかし、静脈には心臓と違ってポンプがありません。

 

そのため筋肉を使って静脈を動かし血液循環をしているのです。

 

地球と言うのは、地面に向かって重力が掛かっています。

 

そして、人間は二本足で立つ生き物なので、放っておくとどうしても血液が下に行きやすいのです。

 

下に行ってしまった血液を押し上げなければいけないのですが、それに対してふくらはぎは重要な部位なのです。

 

これがふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれる所以となります。

 

 

ふくらはぎと血液循環

ふくらはぎと血液循環ですが、血流がよいと体は温まりますし代謝が上がってダイエットしやすい体になります。

 

それに対して、血流が悪いと体は冷えてしまい痩せにくい体質になるだけではなく免疫力も低下しやすく風邪などが引きやすい体質になってしまうのです。

 

さらに、血流が悪いと血液までもが冷えてしまい、冷えた血液が臓器を冷やしてしまい機能低下も引き起こしてしまうのです。

 

ふくらはぎの機能を低下させないためには、日常的によくマッサージをしたり歩いたりすることが大事となります。

 

 

ふくらはぎの3つのゾーン

 

ふくらはぎには3つのゾーンがあります。

 

消化がふくらはぎの外側、循環がうしろ、吸収と代謝が内側になっているのです。

 

この3つのゾーンに的確に働きかければダイエットを阻害する要因を消すことが出来ます。

 

ふくらはぎと言うのは、多くの方々が思っている以上にダイエットに関して重要な項目なのです。

 

 

 

肩甲骨からダイエットをする

 

肩甲骨はがしが最近、注目を集めるようになっています。

 

「肩甲骨はがし」と言う名前から、肩甲骨を無理やり剥がすような怖いイメージがあるかも知れません。

 

実際は、肩甲骨を動かしてダイエットをするという事です。

 

一昔前に、ゲッタマン体操とかもありましたが、それも肩甲骨を利用したダイエット方法です。

 

 

肩甲骨はがしがなぜ、ダイエットになるかと言うと、肩甲骨には褐色脂肪細胞がたくさんあります。

 

褐色脂肪細胞は熱を出し、脂肪を燃焼する働きがあるのですが、その熱量は筋肉の10倍以上とも言われています。

 

つまり、褐色脂肪細胞を効率よく使う事が出来れば、効率よくダイエットが出来るという事です。

 

 

褐色脂肪細胞を活性化する方法

 

褐色脂肪細胞を活性化されればダイエットが出来るという事は言いました。

 

しかし、どうすれば活性化することが出来るのでしょうか?

 

その一つの方法が、肩回りを温めたり冷やしたり、動かしたりするだけでOKです。

 

これだけだと簡単に思うかも知れませんが、褐色脂肪細胞は大人になるにつれて、どんどん減ってしまうとも言われています。

 

子供の頃にピークになってしまい、大人になると40%も残ってはいないとも言われています。

 

しかし、最近の研究では青魚の脂であるEPAやDHAを摂取すれば褐色脂肪細胞を増やすことが出来るそうです。

 

ダイエットする上では、意識して魚を食べたりすることも大事になってきます。

 

尚、EPAやDHAであればサプリメントで摂取する事も可能です。

 

 

骨盤ダイエットを考えてみる

骨盤ダイエットは一時期ブームになり、未だに骨盤ダイエット信者は数多くいます。
骨盤と言うとは、上半身と下半身をつなぐ体を支える土台とも言えます。
骨盤が傾いたり歪んだりすることで、体のバランスが悪くなり太りやすくなってしまったり、お腹ポッコリが起きたりもするのです。
傾いた骨盤を起こす事で、姿勢もよくなり代謝も上げリンパや血流の流れもよくなります。

 

骨盤の位置で太りやすくなるって本当?
女性の方で多いのが、頑張ってダイエットをしているのに下半身が全然痩せないというパターンです。
しかも、胸の脂肪ばかり落ちてしまって困っている人も多いのではないでしょうか?

 

最近の研究で分かって来たことなのですが、骨盤が正しい位置にないと下半身ダイエットは難しいのです。
骨盤が歪んでいると、筋肉の使い方が偏ってしまいます。
その関係で、お腹がぽっこりしてきたり、お尻や太ももなどに変に脂肪が付いてくるのです。
下半身のラインが崩れた状態になっていきます。

 

 

最近の女性で多いのが、腰が高く足が長いのにもかかわらず、くびれがなかったりお尻が垂れていたりしてアンバランスの体型の方が多いです。
女性などで事務の仕事などで、長時間机に座っている人は猫背になりやすいですし、ハイヒールをよく履く人は反り腰になりお腹ポッコリしてしまう場合が多いです。
女性の場合は、かなり骨盤に気を使わないと骨盤が傾いてしまいスタイルが悪くなってしまいます。

 

さらに、女性の場合は、女性ホルモンの影響で骨盤が定期的に開閉するようになっています。
他にも骨盤周りの筋肉が弱いので骨盤が傾きやすいのです。

 

 

骨盤の傾きを治せばダイエットが出来る

 

骨盤の前後の倒れや歪みが痩せにくい原因の一つです。
骨盤の傾きを治すには骨盤を起こす事が重要です。
骨盤を正常に位置に戻すことが出来ればリンパや血液の流れがよくなります。
老廃物や毒素が排出されやすい体質になり痩せやすくなります。
また、下垂れしていた内臓が正しい位置に戻る事によってお腹ポッコリの改善にもなるのです。

 

 

足裏ダイエットをしてみよう

足の裏にはツボが非常に多いです。
知らない人もいるのですが、足の裏は体の臓器に影響を与えるツボの密集地帯になっています。
反射的に臓器に影響を与えるために「反射区」とも言われています。
もちろんですが、ダイエットに影響を及ぼす反射区も足裏にあるのです。
つまり、足裏のツボで内臓を活発にすれば、それに応じてダイエット効果もあります。

 

足裏のマッサージをすると、疲労回復や体調が良くなるなど様々な効能を体験した人も多いのではないでしょうか?
何故こうのような現象が起きるかと言えば、各臓器の神経の末端が足の裏にあるからです。
この事から、ダイエットに役立つ臓器を活性化させるツボをピンポイントで刺激すればダイエットに役立つ事になります。
例えば便秘が原因で代謝が低下してしまい体に毒素が溜まり痩せにくい体質を作っているとします。
そうした場合は、足裏の便秘がよくなる反射区を刺激すれば、便秘も解消され毒素や老廃物も体から出ていき痩せ体質に戻るという事です。

 

ただし、一日中、足裏のツボを探してマッサージするのは無理がありますので、お風呂に入るときにマッサージしてみたり、青竹を歯磨きの時に踏んでみるなどをお勧めします。
地味ですが、体の内側からダイエット体質にする方法です。

 

 

睡眠で痩せ体質になる

 

睡眠とダイエットには関係があるのですが、現代人は睡眠時間が短くなっているようで、軽視されがちです。
しかし、ダイエットだけではなく美容でもメンタルの面でもしっかりと睡眠を取ることが重要なのです。

 

「睡眠不足だと太る」と言う話を聞いた事がないでしょうか?

 

確かに、睡眠不足でも、どんどん急激に体重が増えるわけではありませんが、睡眠とダイエットは関係性が大きくあるのです。

 

睡眠中は何もしていない様に感じていますが、体の中ではかなり働いていいます。

 

まず、壊れた細胞などを修復したりする成長ホルモンが活性化されますし、コルチゾールという分泌されて糖分を分解します。

 

さらに、脳内の整理をするなど眠っている間に、体内では活発に働いているのです。

 

これからの動きで消費されるカロリーは300kcalとも言われています。

 

睡眠時間が短いと、消費されるカロリーも消費されませんし、グレリンという食欲を刺激するホルモンが活発になります。

 

グレリンが活発になれば、無駄に食べたくなってしまうのです。

 

その結果として、太る事になります。

 

睡眠をおろそかにしてしまうと、美容だけではなくダイエットにも影響を与えてしまうのです。

 

 

それじゃ、「長時間寝ればいい」と思うかも知れません。

 

しかし、二度寝や睡眠の質が悪いとダイエット効果は大して得られません。

 

それだけではなく、太ってしまう場合もあるのです。

 

睡眠と言うのは、質の良い睡眠を取ることが最重要課題と言えます。

 

 

お腹を引き締めてみよう

 

ダイエットするにあたって、多くの人が一番気になる部位はどこか?となると、「お腹」と答える人が多いのではないでしょうか?

 

特に男性女性と関係なく、「お腹が気になる」人が一番多いようです。

 

中には、上半身と下半身の両方がスラッとしているのに、何故かお腹だけが出てしまう人も少なくありません。

 

最近では、お腹を凹ますエクササイズとして「ドローイン」が非常に注目されています。

 

ドローインは近年では、腰痛のリハビリにも使われてしますし、スポーツ選手のトレーニングにも使われているくらいです。

 

ドローインと言うと「難しそう」と感じる人がいるのですが、実際にはそれほど難しいエクササイズではありません。

 

基本はお腹を凹ませるだけです。

 

 

ドローンしながら歩くだけで代謝がアップする!?

 

ドローインしながら歩くだけで、代謝が40%もアップすることが近年分かってきました。

 

お腹を凹ませながら歩く事で、骨盤周りや体幹部の筋肉全般を使うからです。

 

そのため、代謝が高まり、ウォーキングしているだけで40%も代謝がアップします。

 

既に、ウォーキングを始めている人であれば、ドローインをするだけで効果が増します。

 

尚、筋肉の特徴として使った筋肉の形を覚えているというのがあります。

 

つまり、ドローインをする事で、体がお腹が凹んだ状態を覚えてくれるのです。

 

そのため、くびれが出来やすくなります。

 

 

尚、クビレを作るとかお腹周りの脂肪を落とすとなると、「腹筋」をして鍛えると考える人もいます。

 

しかし、腹筋と言うのは一部の筋肉を鍛えるだけなのでクビレを作るには向きません。

 

クビレを作るのであれば、ドローインが一番最適と言えるでしょう

 

尚、1日5分のドローインであっても、9割以上の方がお腹のサイズダウンに成功している統計もあるのです。

 

一番、気になるお腹を何とかしたいのであれば、ドローインがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

更新履歴